プロフィール

スタッフ

飲む食うが大好きなメタボ店長です。お店で感じたことやどうしても書きたいことなどを綴って行きたいと思います。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

新酒の前に熟成酒でも・・・

日本酒は11月よりチラホラと新酒が出始め、そろそろ新酒ラッシュが始まる頃だ。そんな新酒が非常に楽しみで仕方がないのだが、そのお楽しみの前に熟成酒を楽しんでみたいと思う。まぁ熟成酒と言っても古酒ではなく、熟成期間は1年ないし2年と言った所、どちらかと言えば「熟成香」と言った方が正しいかもしれない。どちらかと言えば、個人的に苦手な部類に入るこの種の酒を敢えて楽しんでみたいと思うのだ。

本来なら食事と合わせて愉しむのがベストなのであるが、味覚がブレるし、第一こんな夜中に食事は用意できません。チーズなら用意できるし、合いそうなのですが、後々余裕があれば試してみたいと思います。

それでは本日の一杯目です。
木戸泉 特別純米 ひやおろし

ひやおろしの飲みかけを半月ほど放置しておいた物。酸がシッカリしていた印象なので半月ほどじゃダレないでしょう。むしろ半年くらい耐えられそうな予感。
ではでは・・・立香に熟成香を感じはするが含み香にはそれ程感じず、米の甘みとそれを切る酸にインパクトがある。良く熟れた果実の様な酸がジューシーさを演出しているが、もっと熟成させて旨みを伸ばした方が全体的なバランスが良くなるのではないか?

浪の音 純米超辛口 ええとこどり

使用酵母が9号とあるが、そんな雰囲気は無い。含み香にカプロン的なものがあるといえばあるのだが、先入観のせいかもしれない。米の旨みと酸が調和している感覚から、一気に切れ上がる。余韻にも辛さが残り、15度程度の度数とは思えない力強さだ。

山古志 特別純米 棚田米仕込

立香に軽やな吟香がある。サラッと口を洗うような感触で、熟成香と共に酸の締りが口内をまとめています。前の2つと較べると最初は心地よい印象でしたが、余韻の酸が強すぎます。っていうか、食中酒だろ!って事なんですけどね。

群馬泉 きもと本醸造

雑誌でも度々見る、評価の高い本醸造です。「きもと」らしい酸とうっすらと浮き出るバニラ系の甘み、アル添のキレとバランスが良い。酸の主張も忘れていず評価が高いのもうなずける。4杯目ともなり熟成香に慣れてきたせいもあるのか今の所一番の評価です。余韻に残る米臭さ、これがややマイナスでしょうか、とはいえこれが「きもと」なんですけどね。

山長(麓井) きもと純米吟醸

酸はうっすらとしていて優しく軽やかな甘みが広がる。今までの中で酸が一番薄いです。立香、含み香にやや米臭さがありますが「きもと」という先入観を持っているせいでしょう。サスガは純米吟醸、綺麗に流れる酒質に脱帽です。僕は熟成香が嫌いなのでしょうか?

不老泉 山廃純米吟醸

言わずと知れた「山廃」の実力蔵です。う、うまい・・。断然旨いぞ。穏やかに広がる甘みとふんわりと包む酸、その酸が余韻を切れ上げて口内に吟香が残る。他の酒同様、酸が残るのだが嫌味が無い。実はこの酒が一番苦手ではないのかと考えていたのだが真逆でした。最後に飲んだのが正解だったのでしょうか?これ、ウマイです。どの酒も一長一短と思っていましたが、これで決まりです。

おまけ、宝剣 純米 新酒 生

経験上は新酒の方が好きなはず、果たして・・・。
立香からして異質、ブドウの香りというか麹バナというのか、フレッシュさ全開です。そしてもちろん大好きな香り。では一口、うっまーい!うっまーい!軽快、軽快、今までの軽快は撤回したくなるくらい。生酒の甘みも良し!軽さも良し!そして宝剣らしいキレも良し!しっかり酸もあるんですねぇ。個人的好みもあるので反則でした・・・。

一応、再度「不老泉」で

まぁ旨いんですけど・・・、やっぱり食中酒ですよね。一瞬「熟成香」っぽい臭さがありますが、それはすぐ慣れます。やっぱり酸が邪魔なんでしょうか?これは食事で解決出来ると思うんですよねぇ。
っというわけで、最近はまっているチーズと一緒にもう一口。
このチーズ明治の「十勝スマートチーズ」、これが激ウマです。旨みがドンドン広がり、そして食べやすい。もう3ヶ月ほどはまってます。
不老泉でしたね、今チーズを食べたのでいってみましょう。山廃らしい強さがあるのか、あまり変わりません。もっと影響を受けて欲しかったのですが・・・。
それでは酒後のチーズは?チーズが強いので変わるはずも無く・・・、で間髪入れずに不老泉を飲むと、甘みがチョット軽くなったかもしれません。
なんか食べ合わせというよりは、ホントにチーズが旨いって感じです。

うーん、ダメですね。チーズが好きすぎて参考になりませんでした。

でもでも、自分の好みがチョット見えた気がします。新酒の若さに感激はしましたが、熟成香も嫌では無いということ。今日は食事は無しでしたが、今度は食事をしながら存分に楽しんでみたいと思います。

多分、煮物なんかには最高に合うんだろうなぁ、なーんて思いながら今晩はお開きにしたいと思います。

おやすみなさい。

久高 のサービス一覧

久高