プロフィール

スタッフ

飲む食うが大好きなメタボ店長です。お店で感じたことやどうしても書きたいことなどを綴って行きたいと思います。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 発泡酒とビールの違いを見抜け! | メイン | 静岡酒蔵訪問 »

2010年3月20日 (土)

JAの集い 2010

先日、昨年も参加した、全国のJAが集まる、「食と農のかけはし」というイベントに参加してきました。前回は大分県の「院内柚子こしょう」という絶品に出会えた素晴らしいイベントです。

昨年は六本木ヒルズでの開催でしたが、今年は丸の内の東京国際フォーラムで開かれました。何となく前回よりも、スケールアップした印象を持ちました。

なにはともあれ、サクサクと行きましょう。
当日は色々な期待をしていたのですが、その中の一つに「美味しいお米に出会う事」っというテーマを持っていました。そしていざ出陣となったのですが、何となくハジから廻ろうと思い宮城のブースへ・・・一口目はキュウリです。ウマイ・・・とはいえ感動的ではありません。トマト、またまたウマイ・・・でも引き込まれる程では・・・。
最初に断っておきますが、当日口にしたものは全て美味しかったです。流石に自信作が出揃っていますのでハズレがありません。その中でも個人的に光る物を探しに来ました。
っで宮城のブースですが、トマトにウマイウマイと言っていたら、美味しいお米もっと・・・もしかしたら隣の県だったかもしれません。全然味がしません・・・。多分トマトのせいです。ほぼ無視してしまいました、申し訳ありません。っでこの時点で当初の目的のお米はとりあえず捨てました。

今回はトマトや柑橘などの主張が強いものが多く(特にトマト)廻る順番は重要でした。(結果論)

話は戻って、順を追って廻っていると最初に気になったのが神奈川です。キュウリが甘い!!味はキュウリなんですけど甘いんです。何だかシワシワっぽい感じがあるのですが、甘いんです。これにはビックリしました。そして「湘南ゴールド」ミカンのようなサイズのグレープフルーツと思っていただければよいでしょう。見た目が小さいのでレモンの様に酸っぱいのかとの印象がありますが、爽やかな甘みと心地よい酸がキレイにハモります。まだ生産が始まったばかりだそうで、正式に市場に出回るにはまだ2,3年はかかるようです。要チェックですね。

次は福岡の柿ワイン、香りは一瞬日本酒を連想させます。程よい甘みと酸があり酒だけで独走せず、食中酒には抜群です。値段などの細かいスペックをお聞きすると正式出荷は今秋で未定との事、早く決めてくれ!!!!っと思う位良かったです。
ちなみに、となりにあったイチゴワインは残念。香りも味も甘すぎます。イチゴで美味いのに出会った事がありません・・・。

そして次、当日の感動№1、徳島の「おむすび大根」です。きっかけはブースの人の関西らしい軽いノリで、この大根食べて下さい、的につまよう枝を差し出された事です。
フムフム・・・形状は通常の大根を上1/4程にカットしたような円筒型です。似顔絵の下地になりそうな位愛らしい形をしています。第一印象は甘い、です。生の大根らしからぬ単純な甘みが口に広がります。その後、大根の持つ酵素と言うべきか、らしい香りが余韻に伴います。全体のその流れが非常にイイんですね。かなり美味しいと思うのですが、心を打ったのはネーミングです。「おむすび大根」・・・おむすびです。見た目から連想できるんですよね・・・そして素朴、いいですね。
ちなみに現在のところ、生産農家は5軒だそうです。少なすぎです・・、これは市場に乗るのでしょうか?
そんな「おむすび大根」ですが衝動買いしてしまい、久高にも近日中に入荷致します。ぜひこの甘さを体感してみてください。

次の衝撃は香川のアスパラです。その名も「さぬきのめざめ」 デカイというか長いというか、見た事も無い規模のアスパラです。大きい物は総じて大味な物が多いのですが、このアスパラは違います。分けて頂いた物を焼いて食べてみたのですが、緻密な甘みが舌に広がります。正直驚きました。デカイだけではなく、美味しいのです。
これは間違いなく買いです。当日は細かいコミュニケーションを取れず、今後の商談は難しそうですが、これは買いです。努力してみます。マジでビックリしますよ。アスパラの規模を超えてますから・・・。まぁ、とりあえず仕入れて見せろってことですよね。

そして、衝撃というより営業トークに負けた一品。「朝倉さんしょう」です。兵庫県のブースからで、普段僕らが知る山椒とは一線を画す存在で、山椒らしい香りを残しながら刺激があまり強くない、という香辛料です。昨年お世話になったJA兵庫の方から、是非と勧められました。実際食してみると、山椒なんですが、口の中で暴れず香りがキレイに残ります。余韻に、というか後半に山椒の辛味、刺激が舌に残りますが、強烈なものではなく言葉通り正しく余韻です。ただ、流石は山椒。酸味が何となくですが2時間以上舌に残り続けました。
この朝倉山椒は煮物などの風味付けに最適と思われるので、今後、随時オンメニューしていきたいと思いますので宜しくお願いします。

それにしても楽しいですね。普段は日本酒の試飲会に行きなれているせいか、今回のような食材の展示会は逆にワクワクしてしまいました。一日中入り浸っていたかったです。

今回の成果は「おむすび大根」からですが、今後も「さぬきのめざめ」に限らず、新しい物、普通だからこそ美味しいものなど、色々と探求していきたいと思いますので楽しみにしていてください。

それでは今晩はこの辺で、おやすみなさい。


P.S.
実は昨晩に粗方今ブログを書き上げたのですが、酔いつぶれて途中で寝てしまいました。っで今晩、追加でまとめあげたのですが、「おむすび大根」今日入荷してしまいました・・・・。近日中・・・・上記のこの言葉はご愛嬌で・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567829/28562517

JAの集い 2010を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

久高 のサービス一覧

久高