プロフィール

スタッフ

飲む食うが大好きなメタボ店長です。お店で感じたことやどうしても書きたいことなどを綴って行きたいと思います。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 夏野菜パラダイス&夏酒を妄想中 | メイン | ひやおろし を飲みながら ひやおろし を考察する »

2010年8月27日 (金)

暑すぎる夏

今年の猛暑は本当に凄いですね。連日の暑さに気力も体力も奪われてしまいクタクタです。通常なら毎晩日本酒なのですが余りの暑さに大好きな物が喉を通りませんでした。まぁ、僕の場合深夜の飲酒なので無理にツマミを我慢し、酒単体で飲んでいるので余計にそうなのかもしれません。
たまぁに飲みに行くときはやっぱり日本酒ですからね。ですが、暑さで日本酒が飲めない、となると老いを感じずに入られません。最近は夏にエールビールがきつくなってきた事も似たようなものだろう。今夏はプレミアムモルツがきつかったのは正直驚きです。約13年の歴史が変わった瞬間でした。黒ビールはいけるのがまた不思議ではあります。苦味がいいのかもしれません。
っで何を飲んでいたのかというと、まずは当たり前ですがビール。本来ならよなよなエールかプレモルですが、今年はアサヒスーパーモルトです。意外に安く、夏にピッタリのキレ。負担なく喉を通っていきます。
それから焼酎。ロックが気持ち良すぎます。グラスに氷を満タンに入れて焼酎も満タン!濃い味わいが徐々に柔らかく薄れていきゆっくりと飲めます。それに、一杯の量は結構あるのですぐに酔っ払えるのもいいですね。ただし、良いが廻るのがやや遅く大概前後不覚になってしまいます・・・。

それからサワーです。以前も紹介した事があるキリンの本搾り。醸造アルコール(表記はウォッカだったかな?)と果汁のみのシンプルな物。比較的ドライな仕上がりです。特にレモンは猛暑にピッタリです。レモン、レモンと続けてグレフルの甘みで休憩。と言うのが夏の王道です。これまた以前も言いましたがメルシャン時代の本搾りの方が数段良かったんです。季節の果実からはっさくやオレンジなど味のバリエーションも豊富だったのが魅力でした。しかも全銘柄が醸造アルコール+果汁のみというシンプルな仕上がり。余計な味がないので本当に美味しかったです。市販されているサワー類でこのシンプルな組み合わせは他に無いはず。酸味料とか糖類とかが必ず入っている。本搾りを見習ってくれ!!・・・でも・・・本搾りを飲むと必ず悪酔いします。翌日もきついです。まぁ、他のサワーでも同じなのですがどうしてなんだろう。

っで余りにレモンサワーが飲みたいために自分で作ることになりました。聞こえは良いですが、要は節約&省略です。コストについては後々計算してみたら微妙でしたが(大手の価格力は凄い!)、やっぱりイチイチ買いに行くのが面倒なのです。飲みたいときになかったり、買いだめするのが大変だったりと・・・、本搾りは取扱店が少ないんですよね。
そういうわけで何時でも手軽に作れるセットを購入しちゃいました。まずアルコールはサントリー大樹氷。サントリーさんには申し訳ないのですが別に何でも良かったんです。身近でお手軽にかえる甲類焼酎だったわけです。それからポッカレモン。これも簡単に手に入るレモン果汁です。それから炭酸水。個人的には水と二酸化炭素のみの物がいいのですが、余り気にはしません。要は何でもいいんです。でも何で炭酸水にも色んな物が入っているんだろう。今サントリーの物を見てみたら塩化Ca、硫化Mgと入っている。保存がきくのかな?体感だと少し甘みが出るようない気がしないでもない。実際どうなのかはわかりませんが・・・。
話は戻って、お手製サワーの利点の味の調節が自由な事。酒を濃くしたりレモンを濃くしたり、その逆もしかり。それと不思議な事にお手製サワーだと悪酔いしないんです。もしかしたら随分薄く作っているのかもしれません。でも味的には満足ですし、申し分なしです。

何だか表題とは大分違った内容になってしまいました。とにかく暑いということです。好きなビールが喉を通らず、大好きな日本酒を受け付けず、それでも止められないアルコール人生の紹介となってしまいました。

ちなみに今夜は日本酒です。三重錦に活性純米です。流石に暑い日でもガス入りだと軽快に喉を通ります。今日は昼からこれを飲むために気合を入れていたからかもしれませんが・・・。美味いっていいですね。ツマミ封印を解いてチーズと一緒に愉しんでいます。実は今月号のダンチュウに酒とチーズを合わせるベシ的なダイエット論があったのが言い訳になっているのです。

それではそれでは、今夜もまだまだ飲みまっせぇ!!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567829/28562529

暑すぎる夏を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

久高 のサービス一覧

久高